しかしネイルショップの数が驚くほど増えましたね。という事はそこで働くネイリストの数も増加したという事です。友人の妹は携帯ショップで働いていますが、空いた時間を何か有効に使いたいという事で、ネイリスト養成学校に通い、今では自宅でネイルショップを開いてネイリストとしての第一歩を踏み出しました。一度は大阪の求人を見て、勤めようかと思ったけれど、やっぱり人に指図されない生き方に憧れて、大阪の求人ではなく、自分でビジネスを始めようと思ったそうです。求人広告を見て雇われるという勤務形態をち取る人も居ますし、自分で開業する人も多くいます。ネイリストとして働くという観点から見ればどちらも何の違いもありません。
http://www.selege-beauty.com/kansai/