シミができる原因にはメラニン色素が大きく関係しています。
メラニン色素はたくさんの紫外線を浴びるとお肌を守るために過剰に生成されます。
そして、お肌の新陳代謝といわれているターンオーバーが正常に行われていないと過剰生成されたメラニン色素は蓄積シミとなってお肌の表面に現われてくるのです。
これを辿るとシミを作らない方法が解かってきます。
まずは、紫外線をたくさん浴びない対策が必要です。
外出時はUVクリームなのでケアして、帽子や日傘をさして紫外線からお肌を守ります。
紫外線を浴びないようにしても、完全シャットアウトはできませんので、生成されたメラニン色素を溜めないために、日々のスキンケアで正常なターンオーバーを促し、生成されたメラニンを排出させ、シミを作らせないようにします。
http://xn--xck3d381myei91iquw.com/