在庫管理は物流のコストを削減する効果だけでなくいかに早く商品を取引先に届けるかというサービスの効果もあります。
しかし在庫管理システムを導入していてもうまく活用されていないケースは意外に多くあります。
その大きな理由の一つに情報の流れと物の流れが一致していないケースが多いからです。
皆さんの会社でも顧客からの注文が入ると担当者が在庫管理の画面を見ずに倉庫に走っていくということはありませんか。
在庫管理の画面が信じられていないということにほかなりません。
顧客からの注文と出荷と一連の動きがタイムリーに画面に現れていたら画面を信じないということはないと思います。
在庫管理にはそのほかいろいろな作業があります。
例えば返品されたときの処理などが考えられます。
在庫システムを機能的なものにするためには業務上の決め事をしっかり守ることも重要です。