私が昔勤めていた不動産会社は『株式会社』だった。
その時経理に配属されていたので、取引先に『有限会社』『合名会社』『合資会社』というのがあったがその違いが解らずに先輩に聞いたら「資本金の違い」だと教えてくれた。
『株式会社』の場合、最低資本金は1000万だった。
そして数年後、最低資本金制度がなくなり、安価な資本金で『株式会社』を設立することができるようになった、その代りなのか『有限会社』を新たに設立することはできなくなった。
そしてそのタイミングで『合同会社』というのもできた。
合同会社のメリットは代表者ひとりだけでも設立登記ができるということだ。
資本金制度がなくなったとしても登記には費用がかかる。
その費用も他の会社形態と比べると合同会社はコストダウンできるという。
これならわたしでも設立できる。
ただ、悲しいことに設立しても今のところ、何かしたい仕事内容のアイディアが浮かばない、だが、この先何かやりたいと思った時にはこの『合同会社』の制度を利用したいと思う。
このホームページにも情報があります