メイクアップアーティストといえば、今ではテレビや雑誌で顔の見ない日はありません。
一流のアーティストになるためには、やはり、その専門の勉強をすることが、早道だと思います。
しまだちあき先生のスクールも開かれていて、講師陣の立派さに驚きました。
一流のアーティストを目指すなら、やはり目を肥やすことだと思います。
そして腕をみがくことです。
見事な講師陣に見守られることだけで、人は伸びていくのだと思います。
自分の化粧一つで変わっていく女性の美しさを追及する。
考えてみれば、なんて得な仕事ではないでしょうか。
豊富で優秀な講師陣をひかえて、さすがにしまだ先生の一言だと思います。
男も女も、筆一本で変えていくのですから、やりがいのある仕事だと思います。